• TOP
  • 役立ち情報
  • 老後に備える最後のチャンス!50代から始める貯蓄法

老後に備える最後のチャンス!50代から始める貯蓄法

50代からはじめる貯蓄、え?間に合うの?

人生70年から人生80年、まだまだ延びる可能性がある日本人の寿命を考えると、50歳なんてまだまだ若いと考えている方も多いでしょう。
実際に、50代は未だ若いのですが、定年までの期間、老後のこともしっかり考えなければなりません。

50歳になって貯蓄ゼロという人も実はかなり多く、不安定な世の中でどのように生きていくべきなのか、しっかり考えなくてはならない人もいると思います。
実際に、50歳から貯蓄するということを考えて、それを実現することができるのか、50代で貯蓄する方法と意味を考えましょう。

50代だからこそ貯めておきたい老後の資金

老後が近くなったと強く感じるのは50代くらいです。
老後に向けて、具体的に何が必要なのか、しっかり考えていくことが必要となります。
50歳になって貯金ゼロ、退職金はもらえそうにない・・・ということならより一層、しっかり年金以外の資金を得ておくことが必要です。

現在、まだまだ現役で働いている状態だと思いますが、それでも貯蓄できない経済状態にあるという方もいると思います。
ご家族に教育費用がかかる人がいる、病気をされている方がいて出て行く費用が多いなど、こうした場合、現段階で貯蓄できないのですから、働く量を増やす以外に手がありません。

今、土日休みで働いている人は、土曜日だけでも仕事を入れるようにする、この土曜日に働いた分は貯蓄していくと決めておきます。
例えばアルバイトで8時間労働し、日給9000円くらいになれば、毎月9000円×4日(土曜日が四回と考えて)36000円毎月貯蓄できます。
今のうちに勤労収入を増やしておく、貯蓄が50歳でゼロという方は、働くということをメインに考えていくことが求められます。

支出を減らす、どこを減らす?

食費や医療費などは削りにくいので、減らすとなれば交際費、それに被服費などです。
50歳になってから飲みまわっているというお父さん、お母さんは少ないと思いますが、飲みに行くことが好きという人も、その回数を減らすことで貯蓄できます。

また被服費用を少し抑えるだけでも、かなり出費を抑えることができます。
毎月支払いから1万、あまりが出るようにと考えて買い物をすれば、お金もしっかりたまっていくはずです。

それに若いときよりもお付き合いは減っていると思われます。
若いときに貯蓄できなくても、今の50歳の自分なら貯蓄できると考えて、しっかり貯めていくための仕組みを自分で作ることが大切なのです。

貯金箱の利用も老後に備えて考えよう

500円玉貯金を行うときに、とにかく500円がでたらすぐに貯金箱に入れるということを考えます。
たまってくると、しだいに面白くなってきて、1000円札でお買い物をして、500円玉を作るようになります。

すると、たちまち500円玉貯金がたまっていきます。
家族全員が財布の中の500円玉を貯金箱に入れるというルールを作ったあるご家庭は、あっという間に500円玉貯金場緒が一杯になったと聞きます。

貯蓄はできないといっている間はできません。
何が何でも貯めるという気持ちを持って、老後の幸せな生活のために、50代でもあきらめず、しっかり貯蓄する方法を考えましょう。