• TOP
  • 健康
  • 起床後しびれがあったら「手根管症候群」かも!?

起床後しびれがあったら「手根管症候群」かも!?

知っていますか?手根管症候群という病気

あまり知られていない病気ですが、手根管症候群という病気があります。
手指の痺れなどの症状が特徴的な病気ですが、細かいものがつかめなくなるなど、生活に支障をきたすこともあります。

手根管症候群の初期症状としては、示指、中指がしびれる、痛むなどの症状が出て、次第に親指、環指、側に痺れが出てきます。
急性期がくるとしびれ、痛みが明け方に強く見られるようになり、目を覚ますとしびれ、痛みがあることに気がつきます。

手を振る、指を伸ばしたり曲げたりすると、痛みが楽になりますが、手のこわばり名dも強くなっていき、悪化すると親指の付け根がやせたような状態になり、OKサインが作れなくなっていきます。

どうして手根管症候群という病気になるのか

手根管症候群の原因ですが、多くは突発性で原因不明です。
ただ、妊娠中や出産、更年期年代の女性によく見られるといわれている病気です。

このほかに骨折、仕事などで手を使いすぎている、透析を行っているという人にも起こる疾患です。
腫瘍などが元になって手根管症候群になる方もいます。

正中神経と呼ばれる手首の神経にある、手根管というトンネルのような場所の内側が圧迫されていることから症状が出てきます。
これに手関節の運動、動きなどが加わると手根管症候群が生じるといわれています。

妊娠中や更年期の女性に多いということがわかっていますが、本当にどうしてこのようなことになるのか、その原因はわかっていません。
しかし女性ホルモンの乱れから滑膜性の腱鞘がむくむことで発症するのでは?とも考えられています。

どのように手根管症候群という診断がされるのか

手首を打腱器などによってたたくと痺れがる、痛みがある、ティネル様サインがあると手根管症候群ではないかを疑われます。
手首を直角に曲げて手の甲をあわせそれを維持し、1分間の間に痺れや痛みなどが起こる、悪化するかどうかを確認します。

こうした誘発テストによって症状が悪化するということが見られると、ファレンテスト陽性とみなします。
手根管症候群の補助検査としては、電気を使った筋電図検査があります。

手根管症候群になったらどのように治療するのか

手根管症候群に症状が検査によって明らかになった場合、整形外科などの専門医で治療を受けることになります。
消炎鎮痛剤、ビタミンB12などの服用や、シップ、更に運動や仕事を軽くするなど必要となります。

局所を安静することで、腱鞘炎の痛みを減少させること、また痛みについては手根管腱鞘内に注射などを行い、保存的療法を行うことが多くなっています。

手根管症候群も難治性のもの、また母指球筋がやせた状態、そのほかにも腫瘍などが下になっている場合には手術が必要になります。
現在は大きく切開する施術ではなく、内視鏡による施術も多くなっていますので、予後二時間がかかることも少なくなっています。